25歳海外駐在員の暗号通貨ルポ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳海外駐在員の暗号通貨ルポ

25歳の東南アジア某国に居住する駐在員。Bitcoinなどの暗号通貨をメインに、英語や駐在生活に関して情報発信中。

USCPAの予備校選び

USCPAの勉強は、数ヶ月前からプロアクティブを利用して学習を進めています。

米国公認会計士(USCPA)、BATICの専門校 | プロアクティブ/グアム大学日本事務局

 

USCPAを勉強される方の予備校は主に、プロアクティブ、TAC、Abitasのいずれかかなと思いますが、プロアクティブを選択した理由は以下のとおり。

 

先生がくせがある

プロアクティブを選択するにあたって、この項目は最重要かもしれません(笑)。本当にくせがありすぎて、苦手な人にはめちゃくちゃ苦手な先生だと思います。個人的には、笑いながら飽きずに見ることができるので、ここで即決でした。気になる方は体験Webレッスンもあるのでご確認ください。

USCPA(米国公認会計士) 無料体験授業セミナー | プロアクティブ/グアム大学日本事務局

 

授業が最小限

他の予備校に比べると授業数は最小限のようです。日本で簿記2級+実務経験が少しばかしでもある場合は、こちらの授業の方が無駄が少ないのではないかと感じ、選択しました。

 

英語ベースのテキスト

テスト自体は英語なので、当然英語ベースで授業した方が効率的。もちろん解説自体は日本語でやっているので、大学入学程度の英語力がある方は問題ないでしょう。

 

 

もちろん、当然不満もあります。特にMCやシミュレーションと呼ばれる実際の問題演習については、回答の解説が浅いため、理解が不十分になることも。この辺は、Abitasとかはもう少ししっかりやっているのでしょうか?

 

総合すると、簿記の基礎があって、英語に大きな壁を感じておらず、先生にくせを感じず、逆に面白いと感じられる人にはうってつけの予備校だと思います。