読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳海外駐在員のマネー、資格奮闘記

25歳の東南アジア某国に生息する海外駐在員。Bitcoinをメインに、英語や駐在生活に関して情報発信中。

Bitcoin超概要 トランザクションとブロックチェーンの役割と違い

仮想通貨(暗号通貨)

「ブロックチェーンはBitcoinの裏側の仕組みで、ブロックチェーンはBitcoin以外の暗号通貨でも使用されている。」

 

このことは多くの方が理解されていることだと思いますが、そもそもBitcoinにブロックチェーンが必要な理由とはなんでしょうか。

 

そもそも金銭の授受ってどんな要素がある?

そもそも金銭の授受(=Bitcoinのやりとり)ってどのような要素が絡んでくるのでしょうか。金銭の授受の原因としては、売買契約の対価、贈与などいくつかの法律行為があげられますが、Bitcoinとしては特に金銭授受の原因にはタッチせず、純粋に金銭の授受にフォーカスした仕組みになります。

 

一般に、金銭の授受には、以下の要件を満たす必要があります。

  1. 金銭が受信者に受け渡されること
  2. 授受が送信者に承認されていること
  3. 金銭が送信者から存在しなくなること

 

トランザクションとブロックチェーン

ブロックチェーンを理解するにあたって、まず個々のBitcoinの取引はどのように管理されているかを知る必要があります。この個々の取引は、Bitcoinの世界ではトランザクションと呼ばれています。

 

トランザクション

トランザクションBitcoinの受け渡し履歴になっています。具体的には、以前のBitcoinの保持者が誰であったのか、新しいBitcoinの保持者が誰であるのかという情報に加えて、以前のBitcoin保持者がその取引に同意したという情報が含まれています。

 

お気づきになられた方も多いかと思いますが、この記事の最初に触れた「金銭の授受を成立させる要素」は、ブロックチェーンではなく、このトランザクションで実現されています。

 

それでは、ブロックチェーンの役割はどんなことなのでしょうか?

 

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、ある取引が当事者だけでなく、第三者から見ても成立していると確信させるために存在しています。専門用語でいうと、対抗要件を具備することが目的です。

 

通常の金銭であれば、お金そのものを持っていることが対抗要件になります。例えば、私が100円玉を持っていたらそれは私のものですよね?(詐欺などで手に入れたことも考えられますが、そういった違法行為があったとしても今私がその100円玉を持っているという事実は変わりません。)

 

一方、Bitcoinの場合は現実のお金のような実態(モノ)はないので、ひとつのBitcoinを複数人に譲渡する行為、すなわち二重譲渡が発生する可能性があります。しかし、Bitcoinは現実には1つしかないということにしておかないと、無限にBitcoinが増殖してしまうので、どちらが正当な取引なのかを判別する必要があります。このとき、正当な取引であると取引外の第三者に主張できる条件を”対抗要件”といいます。

 

現実世界では、不動産取引に代表されるように、”登記”という仕組みを使用して対抗要件を規定していることが多いですが、Bitcoinで登記を利用してしまうと中央集権的な仕組みになってしまい、Bitcoinが持つ分散的な仕組みを活かすことができません。そこでBitcoin開発者が考えたのが、ブロックチェーンという仕組みです。

 

ひとつのブロックには複数のトランザクションが含まれています。そして、ブロック"チェーン"というくらいなので、"ブロック"がいくつも連結された状態で保持されています。ブロックをブロックチェーンの最後のブロックに接続していくことを”マイニング”といいます。マイニングは複数の人が同時に行うので、時としてチェーンが枝分かれして複数生まれてしまうときがあります。このときどのブロックチェーンが正当なものであるかを判別する方法は単純で、最も長いチェーンが正当なものとしてブロックチェーンの世界では扱われます。

 

つまり、自分のトランザクションが含まれるブロックが最も長いチェーンに含まれている場合は、そのトランザクションは第三者に対抗できる状態ということができます。ここで当然考えられるのが、その後長いチェーンが入れ替わってしまったら自分のトランザクションは無効になってしまうのではないかという疑問です。

 

ここがBitcoinの面白いところで、当然別のチェーンの方が長くなってしまうことはあるのですが、自分のトランザクションを含むブロックの後ろに複数のブロックが連結された場合(一般に6ブロック程度と言われています)、その後で別のチェーンが自分のチェーンよりも長くなる可能性は限りなく低くなっています (PoWという仕組みで実現していますが、それについてはまた別の機会で説明します)。

 

まとめ

Bitcoinの金銭授受情報はトランザクションに記載されていますが、二重支払いを防ぐためにブロックチェーンを使用して、第三者がトランザクションの正当性を検証できるようにしています。